FAQ

よくあるご質問

キーワード

よくあるご質問

紙カップは電子レンジで使用しても大丈夫ですか?

基本的には電子レンジではお使いいただけません。

紙カップの内面には、耐水用にごく薄いポリエチレンが貼られています。ポリエチレンが加熱によって溶け出す温度はおよそ110℃前後です。沸騰温度100℃以下であれば、電子レンジをご使用いただけるとも言えますが、ラップなどで覆ったり、加熱時間を間違えると突沸(いきなり沸騰してはじけ飛ぶ現象)が起こり大変危険です。また油を含む食品などは110℃以上に加熱されてしまいますので、内面のポリエチレンが溶け出してしまいます。仮にポリエチレンが溶け出しても、人体に害となることはなく体外に排出されます。しかしご使用状況によって様々な事故につながることがございますので、基本的には電子レンジではご使用にならないでください。

紙カップはオーブンやオーブントースターで使用できますか?

オーブンやオーブントースターではご使いいただけません。

オーブンやオーブントースターは直に食品を加熱します。そのときの温度はおよそ180℃~200℃を超える場合もあります。 ポリエチレンが加熱によって溶け出す温度は110℃前後です。紙カップの内面側に耐水用に貼られているポリエチレンが110℃を超えると溶け、紙も焦げて炭化(炭になること)し、さらに発火してしまう恐れもあります。 ポリエチレンは「熱により軟らかくなる樹脂」ですから、加熱によって食品にくっついてしまったり、穴が開いたりする可能性があり、容器としての機能を損なってしまいます。オーブンやオーブントースターは庫内の温度コントロールが難しく、紙は燃えてしまう場合もあり、大変危険ですのでオーブンやオーブントースターでの調理にはご使用にならないでください。

紙カップはアルコール飲料や、ドレッシングなどの油性食品、うがい薬などに使用できますか?

アルコール飲料、油性食品、薬品などは浸透性が強いので、紙カップに長時間入れておくことはできません。

紙カップの内面側には耐水用のポリエチレンが貼られていますので、短時間であれば紙に浸透することなくご使用いただけます。 しかし紙カップは構造上から、紙の断面が露出した部分が存在します。紙は繊維の集合体ですので、浸透性の強い液体はこの紙の断面部から浸透して漏れ出します。 カップの底の接合部分にも、通常は漏れにつながることはないようなごく微細な隙間やごく小さな穴があれば、浸透して漏れだしてしまう可能性があります。 以上の理由によりアルコール飲料、油性食品、薬品などの長時間でのご使用はできません。 また、うがい薬は紙のデンプン質とうがい薬のヨウドが反応して紫色に変色して染み出る場合がございますが、品質に問題はございません。

熱い飲料や高温の食品などを入れることによって、紙カップや紙皿から有害な物質は出るのでしょうか?

紙カップや紙皿の原材料は食品衛生法に適合した衛生的な紙とポリエチレンのみを使用しておりますので、有害物質は出ません。

ポリエチレンが加熱によって溶け出す温度は110℃前後ですので、通常の飲料用でのご使用範囲内でポリエチレンが溶け出ることはありません。 油性のものを入れて加熱したり、電子レンジ、オーブン、オーブントースターなどで110℃以上に加熱するとポリエチレンが溶出すことがありますが、ポリエチレンは仮に体内に入っても人体に影響を及ぼす分量ではなく、吸収されずに体外に排出されますのでご安心下さい。

日本デキシーの製品を購入したいのですが、直接購入はできますか?

弊社は現在、ユーザー様への小売(直接販売)は行なっておりません。

ご家庭でご使用の場合は、お近くのコンビニエンスやスーパーなどでお買い求めいただけます。 販売など商用でご使用の場合は、代理店を通じてご購入頂くこととなりますので代理店のご案内をさせていただきます。 オフィスや大勢でご使用の場合は、カタログ通販、直販サイト各社様からご購入が可能です。

日本デキシーの紙カップは日本製ですか?

紙カップは日本デキシーの国内工場で生産される日本製です。

工場ではISO9001認証を受け、食品用容器に準じた品質管理を行っておりますので安心してお使いいただけます。
※一部、輸入品も取り扱っております。