サイト内の現在位置
TOP > ニュースリリース

ニュースリリース

2015.08.27 新商品『インサートカップディスペンサー』2015日本パッケージングコンテスト 最高賞「ジャパンスター賞」を受賞

公益社団法人日本包装技術協会主催の「2015日本パッケージングコンテスト」において、新商品『インサートカップディスペンサー』が当コンテスト最上位賞ジャパンスター賞における【公益社団法人日本パッケージデザイン協会賞】を受賞し、8月27日東京ガーデンパレスにおきまして表彰式が行われました。

同賞は、優れたパッケージング技術の開発、普及促進を図るため、包装におけるデザインからロジスティクスに至るまでのその年の包装の最高峰と優秀群を表彰するもので、毎年開催されている、包装分野における国内最大のコンテストです。
今回の受賞を励みに、今後もユーザー様にご愛用いただける商品開発を進めてまいります。

●『現代日本のパッケージ2015展』出展のお知らせ

・会期:9月26日(土)〜11月29日(日) 10:00〜18:00
・会場:凸版印刷株式会社 印刷博物館 P&Pギャラリー
・休館日:毎週月曜日(10月12日(月・祝)、11月23日(月・祝)は開館)、10月13日(火)、11月24日(火)

■ジャパンスター賞受賞商品『インサートカップディスペンサー』

カップに直接触れずにセット。『衛生的』+『収納』 プラスした機能美。

■使い方

 1. 本体のフタを外し別売りのインサートカップを本体に入れます。 約50個入れることができます。 2.溝に沿ってカップホルダーをゆっくり下げる。 3.インサートカップに「カチッ」とはまるまで押し込んでセットします。 4.インサートカップがホルダーにセットされているのを確認して引き上げれば完成。

■カラーバリエーション

■製品概要

商品名 インサートカップディスペンサー
カラー シルバー ブラック ブロンズ
商品コード GOT501DS GOT502DS GOT503DS
希望小売価格 オープン
材質 プラスチック (ポリプロピレン)
ケース入数 9本(化粧箱)入
本体サイズ/重量 W108×D112×H282mm/260g
化粧箱サイズ/重量 W118×D115×H297mm/360g
ケースサイズ/重量 (約) W378×D368×H302mm/3.8kg
  MADE IN CHINA

■ご購入はこちらから

2015.07.02 日本初!カップ型高耐熱性紙容器の発売を開始 従来と比較し、ポリプロピレン(PP)ラミネートにより耐熱性が4割アップ!

2015年7月2日
大和製罐株式会社
株式会社日本デキシー

日本初!カップ型高耐熱性紙容器の発売を開始
従来と比較し、ポリプロピレン(PP)ラミネートにより耐熱性が4割アップ!

大和製罐株式会社(所在地:東京都千代田区 代表取締役社長:山口 久一)と株式会社日本デキシー(所在地:東京都千代田区 代表取締役社長:山本 喜美夫)は、日本市場で初めて、ポリプロピレン(PP)ラミネートによるカップ型の高耐熱性紙容器を共同で開発しました(※1)。

このカップ型高耐熱性紙容器は、近年の少子・高齢化による単身・少人数世帯の増加を受けた日配食品、持帰り、配達食品など個食市場の伸長によるニーズと社会的な環境意識の高まりを受けて開発したものです。
今回の開発にあわせて、中皿・トップシールも開発し、紙カップ容器との組合せで多種多様な食品メニューに対応し、冷凍〜チルド〜常温までの使用シーンに応じた幅広い温度帯で活用することが可能となりました。

近年、紙容器は、減容しやすく捨てやすい上、容器リサイクルの観点からも消費者、流通業界からその利点を評価されており拡大しています。
大和製罐グループでは、今後も共同で流通・食品市場のニーズを見据えた次世代の容器を開発し社会に貢献してまいります。

■製品概要
発売開始日 : 2015年8月下旬
満杯容量  : 800ml
サイズ  : 口径144mm × 高さ75mm
ケース入数 : 600個 (50個×12)
ケースサイズ: W590mm × D490mm × H445mm

<特長>

  • 日本市場初のポリプロピレン(PP)ラミネートにより、耐熱性に優れ、これまでのポリエチレン(PE)紙カップに比べ、4割以上の耐熱温度(約140℃強)を実現しています。
  • 米飯、麺類、スープなど様々な油分・粘度の食品にお使い頂けます。また、冷凍から常温まで幅広い温度帯で活用可能です(※2)。
  • 中皿、トップシールの選択も可能です。

※1 当社調べ(カップ型紙容器で調査)
※2 内容物個別の検証は必要です

■会社概要
<大和製罐株式会社>
所在地:東京都千代田区丸の内2-7-2 JPタワー9階
代表取締役社長:山口 久一
事業内容:各種缶詰用空缶(ビール・ジュース・コーヒー・炭酸などの各種飲料、魚介、果物等)の製造販売
化粧品・食品用プラスチック容器及び金属容器・キャップ類などの各種容器の製造販売
容器製造システム及びプラントの研究・開発・設計
URL  : http://www.daiwa-can.co.jp/

<株式会社日本デキシー>
所在地:東京都千代田区丸の内2-7-2 JPタワー8階
代表取締役社長:山本 喜美夫
事業内容:紙カップ・紙製品を主とする食品容器の製造販売
URL  : http://www.dixie.co.jp/

■報道関係者向けのお問い合わせ先
大和製罐株式会社
担当:営業統括部 金子
Tel :03-6212-9742

株式会社日本デキシー
担当:営業企画部
Tel :03-3201-8736

2015.03.17 平成26年度滋賀県低炭素社会づくり賞(事業者行動計画書制度部門)受賞

滋賀工場が、3月17日に「平成26年度滋賀県低炭素社会づくり賞(事業者行動計画書制度部門)」を受賞し、滋賀県知事より表彰状が授与されました。
低炭素社会の実現に向けて、温室効果ガスの排出抑制への積極的な取り組みが認められた結果であります。今後も事業活動を通じCO2排出削減に努めて参ります。

滋賀県公式ホームページ『滋賀県低炭素社会づくり賞(事業者行動計画書制度部門)』

■「滋賀県低炭素社会づくり賞」とは、滋賀県低炭素社会づくりの推進に関する条例第44条に基づいて、低炭素社会づくりに関する特に優れた取組を行った県民、事業者および民間団体を表彰するものです。

■ 受賞ポイント

  • 蒸気で行っていた空調加湿を純水によるミスト加湿へ変更し、施工についても自社で行うなど、独自の工夫のもとにボイラー負荷を低減している。
  • 必要箇所にブースターコンプレッサーを導入しつつ、生産への影響も検証しながら、コンプレッサーの吐出圧力低減を進めている。
  • 全社員に対する省エネ項目アンケートや小集団活動、現場でのテスト結果を省エネ委員会で検討するなど、設備の管理側と現場側との連携のもとに全社的な省エネルギーへの取り組みを行っている。

ニュースリリース
  • 2016年
  • 2015年
  • 2014年
  • 2013年
  • 2012年
  • 2011年
  • 2010年
  • 2009年
  • 真岡新工場建設状況
  • 紙コップ・紙容器などの製品、また特殊加工・容器開発についてのお問い合わせはこちら